リバウンドについて
リバウンドの主な原因は、運動をせずに行う食事制限に偏ったダイエット方法にあります。運動をしないで食事制限をすると、体脂肪だけでなく筋肉も同時に減ってしまいます。筋肉は身体の中で最もエネルギーを消費する臓器です。筋肉が減ると当然消費エネルギー(基礎代謝)も減ってしまいます。
身体は、自分自身を飢餓から守るために、基礎代謝を抑え、エネルギーを節約しようとする働きを持っています。すると今までなら太らなかった食事の量でも、エネルギーが過剰になり、脂肪が増えていくことになります。減った筋肉でさらに消費エネルギーを保つには、もっと食事を減らすか、筋肉を増やすかのどちらかの選択が必要になります。

ダイエットをする

食事制限だけだと
筋肉の量が減る
ダイエット終了

食事をする。筋肉の量
が減っているので基礎
代謝が下がっている。
以前と同じ食事をしてい
ると太ってしまう。
元の体重に戻ってしまった。
以前より筋肉量が少ない。


ここで、食事制限だけ
のダイエットをすると、さ
らに筋肉量が減る。
ダイエット終了

こうしてどんどん
痩せにくい体質に
なっていく。

肥満について
肥満の原因は3大栄養素の摂りすぎと、ビタミン、ミネラルの不足です。
現代の食品は、路地栽培から温室栽培への変更や、有機栽培から化学肥料栽培への変更、加工食品の氾濫等で、栄養素が非常に少なくなってしまいました。特にビタミン、ミネラル量がガタンと減りました。残ったのはカロリー源の3大栄養素(炭水化物、脂肪、たんぱく質)だけです。
単純に栄養素が約半分に減った食品のビタミン、ミネラルを十分に摂るためには、昔の倍の量を食べなければなりません。増えるのはカロリー源の3大栄養素のみです。こうして、肥満は生まれます。
 

 

運動することの意味

ダイエット中の運動は、基礎代謝を減らさない方法としてとらえるようにしましょう。そうでないと、消費カロリーを増やすために過度の運動をして、ダウンしてしまうかもしれません。健康になるために痩せるのが本来の目的です。身体に負担をかけてしまう方法は、よい方法とはいえません。

●運動で消費されるエネルギー
(1時間あたり)
ウォーキング(80/分)

約220kcal

サイクリング(時速20km)
約240kcal
縄跳び(60回/分)
約440kcal
ゴルフ
約240kcal
ラジオ体操
約240kcal
エアロビックスダンス
約250kcal
トレーニング
初心者
約200kcal
中級者
約400kcal
上級者
約600kcal
ウォーキング

脂肪1kg減らすのに7,000kcal必要です。

ウォーキングをして脂肪を1kg減らすとすると約32時間のウォーキングが必要です。

不可能ことだと思います。

しかし、筋肉は3,500kcalで1kgがなくなってしまいます。

栄養を摂らずに運動をしたとすると先に筋肉がなくなってしまいます。

そうするとリバウンドしやすい身体になってしまいます。

 

高知 肩こり 腰痛 前田カイロプラクティック整体院TOP

 

 

施術について

カイロQ&A

カイロプラクティックとは

オステオパシーとは

アクセス

ごあいさつ