ダイエットと基礎代謝の関係

 

基礎代謝量とは、簡単に言うと、人間が生きていく上で必要不可欠なエネルギーです。
例えば、体温の維持や、呼吸をしたり、心臓、腎臓、胃…を動かすのにも、エネルギーは必要です。
そういった生きていく上で最も基本的で最小限必要なエネルギーのことをエネルギーを基礎代謝量と言います。
当然、起きているときも、寝ているときも、必要なエネルギーです。
基礎代謝が消費エネルギー中に占める割合は6070%と高く、たとえスポーツをしたとしても消費エネルギーにすると意外に少なく、運動したからといって食べ過ぎ飲み過ぎは、太る原因になります。
ところが基礎代謝を上げれば脂肪が燃えやすい体質になり、食べても太りにくい身体になることができます。

体には、筋肉、脂肪、骨…といろいろな構成要素がありますが、この中でも、筋肉が1番エネルギーを消費します
筋肉をつけると、基礎代謝量が上がり、ダイエットに良い♪というのはこのことからきています。
筋肉が多ければ、寝ていても起きていても、生命維持のために必要なエネルギーつまり基礎代謝量が多くなり、消費するエネルギーも当然多くなると言うわけです。
しかし、無理な減食や、単品ダイエットは、この基礎代謝量を大きく下げてしまいます
基礎代謝の低下を知る手がかりは、以下のようなものです。
以下の10項目のうち、7項目以上当てはまる人は、基礎代謝が低いといえます。


1.体温が35.9度C以下だ
2.
少し食べてもすぐ太ってしまう
3.
身体がむくみやすい
4.
生理不順、生理痛がひどい
5.
手足が冷える、ほてる
6.
疲れやすく、朝まで疲労が残る
7.
あまり汗をかかない方だ
8.
頭痛、肩こり、腰痛がある。
9.
普段、体を動かすことが少ない
10.
顔色が悪い、肌も荒れやすい

基礎代謝が低い人は、痩せにくいと言えます。
基礎代謝量のアップは、「痩せるために」また「太らない」ために重要
です。夏に痩せるというのは、食欲の減退という要因もありますが、暑さのために体温が1度上がることで、約200 Kcal基礎代謝が上がるためです。 一般的に、低血圧、冷え性の人は基礎代謝量が低い様です。1日20分程度の有酸素運動(エアロビックス)を週に3〜4回行えば、1カ月で基礎代謝に変化が現われます。なわとび、ダンベル、腹筋、腕立て伏せなど、キツイと思う一歩手前のテンポで行います(=ほどよい運動)。
基礎代謝を活発にする ‥‥ トウガラシ、
、B、B12、DNA
筋肉作り ‥‥‥‥‥‥‥‥ プロテイン、C


 

 

高知 肩こり 腰痛 前田カイロプラクティック整体院TOP

 

 

施術について

カイロQ&A

カイロプラクティックとは

オステオパシーとは

 

 

アクセス

ごあいさつ